小さなお子さんがよく罹る病気やケガについて紹介しています。  
             
   
   
             
  子どもが風邪をひいたと思っていたら、「夜中に急に痛いと泣き出す」「黄色い鼻水が出ていつまでも止まらない」そんなときには、急性中耳炎になっているのかも。  
  症  状
風邪をひいている子どもが、突然耳が痛いと言ったり、耳だれが出て気づくことが多いようです。
  ・耳を強く痛がり、症状がひどくなると耳だれが出てきます。
  ・熱がでます。(出ない場合もあるようです。)
  ・耳が聞こえにくくなります。
  小さい子どもや赤ちゃんの場合
言葉では訴えられないため、このような症状のときは中耳炎の可能性も。
  ・耳だれが出る。
  ・強く泣いたり、機嫌が悪い。
  ・しきりに耳に手をやる。
  ・激しく夜泣きをする。
  ・風邪の熱がなかなか下がらない。
  原  因
 急性中耳炎は風邪の時になることが多い、鼓膜奥の中耳でおこる炎症
鼻の奥と耳の奥はつながっており、その部分を耳管といいます。風邪をひいて、くしゃみをしたり、鼻水をすすることより、鼻やのどの炎症が耳管を通って鼓膜の奥中耳に入って、急激な炎症を引き起こします。炎症で鼓膜が真っ赤にはれ、うみがたまります。うみが耳の中から鼓膜を押すため、痛くなります。さらにうみが溜まると、その圧力で鼓膜が破れて耳だれが出てきます。耳に水が入ったから中耳炎になったわけではありません。(鼓膜に穴が空いていない場合)
 子どもは中耳炎になりやすい
子どもは大人に比べると、鼻と耳をつなぐ耳管が水平で、短くて太いのです。そのため、鼻やのどの細菌が中耳に入りやすく、中耳炎になりやすいのです。成長するに従い少なくなっていきます。
  治  療
 鼓膜のはれが軽い場合
抗生物質の薬で治します。痛みがひどい時には、痛み止めが処方されることがあります。
 ひどく化膿した場合
鼓膜を切って膿を出します。切った鼓膜は自然にふさがります。切開してうみを出すとすぐに熱が下がり、痛みもなくなります。何回切開を繰り返しても鼓膜の穴は、2~3日で元に戻るそうです。安心してください。鼓膜の切開後、抗生物質を飲むことと、耳にさす点耳を行い、1週間くらいで治ります。
 鼻の処置
鼻水が出ていると なかなか治らないので、鼻も同時に治療します。
 完全に治るまで、治療を続ける
治療の途中で痛みがなくなったからといって、中耳炎が治ったわけではありません。まだ細菌が残っているので、抗生物質などの薬は、指示通り飲みつづけましょう。
中耳炎はくり返し再発しやすく、完治しないと難聴や滲出性中耳炎になることがあります。中耳炎の治療は時間がかかりますが、完全に治しましょう。
  こんなときは耳鼻科の受診を
 急性中耳炎の症状があるとき、その他に、黄色い鼻水がいつまでも止まらない。
このような症状がある時には、耳鼻科の先生に見てもらいましょう。たまっていた膿が鼓膜を破り耳だれが出てくると、痛みが無くなります。しかし治ったわけでは無いので、必ず耳鼻科を受診してください。
  夜中に痛くなった時の応急処置
翌日は必ず耳鼻科を受診してください。
 タオルをぬらして耳のまわりにまき、冷やします。
 消炎鎮痛剤を飲ませると一時的に痛みは止まります。
  小児科でもらう解熱剤の多くには鎮痛作用があります。(飲むときには、薬が古くないか、弱いアセトアミノフェンの解熱剤かを確認してくださいね。インフルエンザが流行る時期には、特に注意してください。)
  中耳炎になった時のホームケア
通院中は耳鼻科の先生に相談してください。一般的に鼓膜に穴があいていなければプールや風呂も良いようです。切開中は、お風呂では耳にお湯がはいらないようにしましょう。
  中耳炎の予防
風邪をひかない。ひいたら早く治しましょう。
鼻をすすらず、鼻をかもう。鼻をすすったり、強く鼻をかむと、鼻の細菌が耳に送られやすくなります。鼻をかむ時は、片方ずつ静かにかみましょう。
特に過去に中耳炎になったことがある子ども、アレルギー性鼻炎がある子どもは中耳炎になりやすいので注意しましょう。
↑ページの先頭へ
  お問い合わせ 苦情の受付・報告 会計報告/法人現況報告書
本Webサイトに掲載されている全ての内容に関する著作権は当園に帰属します。
これら内容の全体または一部について、当園の許可なく、複製、転載または配布する事を禁じます。
Copyright (C) Chikuhou Kindergarten. All rights reserved