1号・2号・3号認定子どもの新利用(保育)料   平成27年4月1日より 堺市民に適用(他市民はその市の利用料を適用)
階層 税区分 3号認定 3歳未満児 2号認定 3歳児 2号認定 4歳以上児 1号認定 3歳児以上
標準時間 短時間 標準時間 短時間 標準時間 短時間 教育標準時間
A  生活保護法による被保護世帯 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円
B1  市民税非課税 母子世帯等 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円
B2  市民税非課税 一般世帯 5,000円 4,900円 3,000円 2,900円 3,000円 2,900円 1,400円
C1  市民税均等割額のみ世帯 10,000円 9,800円 8,000円 7,800円 8,000円 7,800円
C2
 所得割課税額 48,600円未満
12,000円 11,700円 10,000円 9,800円 10,000円 9,800円 9,800円
D1
70,900円未満
17,000円 16,700円 15,000円 14,700円 15,000円 14,700円 77,100円以下 14,500円
D2
108,200円未満
25,000円 24,500円 23,000円 22,600円 23,000円 22,600円 211,200円以下 18,900円
D3
138,100円未満
30,000円 29,400円 27,000円 26,500円 25,000円 24,500円
D4
198,400円未満
40,000円 39,300円 30,000円 29,400円 28,000円 27,500円
D5
297,400円未満
45,000円 44,200円 30,000円 29,400円 28,000円 27,500円 211,201円以上 24,100円
D6
338,500円未満
54,000円 53,000円 30,000円 29,400円 28,000円 27,500円
D7
397,000円未満
56,000円 55,000円 30,000円 29,400円 28,000円 27,500円
D8
397,000円以上
67,000円 65,800円 35,000円 34,400円 32,000円 31,400円
注意点: 利用者負担について、市民税の賦課決定が6月であり、直近の所得の状況を反映させる観点から、9月に切り替えることとするという方針が国から示されています。この場合、8月以前は前年度分、9月以降は当年度分の市民税額により決定することになり9月に利用料が変更になることもあります。また、翌年度4月以降の保育料は9月に決定した保育料です。ただし、3号から2号へ、3・2号から1号へ変更した場合は保育料も変更されます。
 
 2号・3号認定こどもの場合
保育料の多子軽減制度: 同一世帯の就学前の子どものうち年長のこどもから順に2人目以降の子どもが保育所、認定子ども園等を利用している場合に利用者負担額を軽減します。2人目は半額、3人以降は無料とし、所得制限はありません。(0歳児から就学前の子どもに適応)
 
 1号認定こどもの場合
保育料の多子軽減制度: 小学校3年生以下の年長の子どもから順に2人目以降の子どもが幼稚園、認定子ども園等を利用している場合に利用者負担額を軽減します。2人目は半額、3人以降は無料とし、所得制限はありません。(3歳児から小学校3年生まで適応)
 
(例1) 3人兄弟(1番目小学校3年まで、2番目認定こども園1号認定、3番目認定こども園3号認定)⇒2番目は保育料半額、3番目も半額です。
(例2) 3人兄弟(1番目小学3年まで、2番目認定こども園2号認定、3番目認定こども園3号認定)⇒2番目は全額、3番目は半額です。
 
 平成28年4月1日より変更
  0歳から2歳までの間、第3子以降の保育料は無料(所得制限なし。上の子どもの年齢関係なし。)
 

※さくら組の園児が年度途中で満3歳児になる場合も、保育料が軽減になるケースがありますので保育園にご相談ください。

 
  諸経費(上乗せ徴収金・実費)と寄付金
園児の一般生活費
 一般生活費一部協力金  全園児ひとり 月額1,000円
 3歳以上児の主食代
 (1号、2号認定とも同じ)
 月額2,500円(きく・ゆり・すみれ組)
 午睡用品リース代  月額1,200円(さくら・もも・うめ組)
 すみれ組以上の園児でも常態的に午睡が必要な期間は1ヶ月単位で午睡用品代
 紙オムツ・パンツ処理代  月額300円(うめ・もも・さくら組)
 布オムツを使用される場合には処理代は不要です。
 食物アレルギーの材料費  月額500円(対象園児のみ)
 設備協力金  全園児ひとり 月額1,000円

時間外保育料
利用する時間外保育 月ぎめ利用料 1回の利用料
 早朝保育(7:30am~9:00am) 1ヶ月 1,000円 500円
 平日の延長保育(5:00pm~6:30pm) 1ヶ月 1,000円 500円
 ※早朝・延長保育とも利用する場合 ※1ヶ月 1,500円  
 土曜日の延長保育(1:00pm~6:30pm)を利用する場合、前月までに申し込みしてください。 1回につき 500円
 ●1号認定の方のみ
   ・平日の1:00pm~5:00pmの時間帯を利用する場合 : 1ヶ月 3,000円
     この時間帯に加えて
  平日の早朝保育(7:30am~9:00am)または延長保育(5:00pm~6:30pm)を月ぎめで利用する場合 : 1ヶ月 1,000円  
  早朝・延長保育とも月ぎめで利用する場合 : 1ヶ月 1,500円  
  以上の利用料を3,000円に加えて負担  
1回につき 500円
 任意寄付金
  ・1口:1,000円から(園児ひとり1ヶ月) → 「寄付金申込書」を提出してください。(任意ですので皆さんの暖かいお気持ちでご協力ください)
費用の算出根拠は「マザーズファイル」に詳細を掲載していますのでご覧ください。
 
  竹宝保育園には、借入金等の負債はありませんので、公定価格(委託費の保育単価に相当)での収入の全額を人件費や事業費、また日常的に必要な事務費に使用できます。つまり、借金返済のために園児の保育費や職員の人件費を減らすことはありません。また、毎年度の事業収支計算書の決算においても赤字を出すことなく、かつ、将来必要になる経費のための積立金も行って健全な経営を行っています。決算書を当園のホームページに掲載しています。
平成27年度より、保護者の方との直接契約になり、保育料や諸経費を皆さんから直接納入していただくことになります。未納や滞納は保育園の資金繰りを困難にします。こうした事情をご理解いただき期限内の納入にご協力ください。
 
     
↑ページの先頭へ
  お問い合わせ 苦情の受付・報告 会計報告/法人現況報告書
本Webサイトに掲載されている全ての内容に関する著作権は当園に帰属します。
これら内容の全体または一部について、当園の許可なく、複製、転載または配布する事を禁じます。
Copyright (C) Chikuhou Kindergarten. All rights reserved